読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロプロ楽曲大賞2016

■楽曲部門

 

5位 次々続々/アンジュルム


アンジュルム「次々続々」2016春【九位一体】


兎に角、いつどんな時も、このトラックがかかるたびに総毛立った。児玉雨子さんの歌詞は現時点たぶんどのグループよりもアンジュルムにハマっている。雨子さんとあやちょがハマっているともいえるのかもしれない。"生きている醍醐味" まさにこの曲を聴いて感じることです。

 

 

 

4位 ブギウギLOVE/カントリー・ガールズ


カントリー・ガールズ 「ブギウギLOVE」 2016 WINTER [HD 1080p]


ステレオタイプなかわいさだけで終わらない反逆を感じた。それがハロプロっぽい。このあと「どーだっていいの」へ繋がることを含めて、楽曲をシリーズとしてとらえているようなのもハロプロぽくて私はとても好きです。あなたのことをマリアと呼んでいる人はまだまだいますよ。帰ってきてほしい。

 


カントリー・ガールズ『どーだっていいの』(Country Girls [I Don’t Really Care]) (Promotion Edit)

 

 

 

3位 独り占め/つばきファクトリー


つばきファクトリー『独り占め』(Camellia Factory [Keeping You All to Myself]) (MV)

 

デビュー前のつばきに文句なくこれから10年戦える曲をつんくさんがくれたことがエモすぎ。まだ歌いこなせていないメンバーがこの曲を育てていくまでハロヲタをやめられないじゃないか。

 

 

 

2位 人生はSTEP!/℃-ute


℃-ute 『人生はSTEP』


℃-uteを本当の意味で大人にしてしまった曲。

3年前、Queen of J-POPと称した武道館ツアーをやった時はでかいことをぶちかましてどこか鼻で笑われていたこともあったのかもしれないけれど、℃-uteはなんのてらいもなく上り詰めたと思った。奇しくもつんく楽曲ではない、この曲で。

 

 

 

1位 Summer Wind/℃-ute


℃-ute『Summer Wind』(℃-ute[Summer Wind]) (Promotion Edit)

つんく節が久々に℃-uteにはまった曲。音がとても少ないことでメンバーのリズムや情感ある声色が際立つ新しいの夏の名曲。ベリーズが夏女の役割をずっとやってきたけれど、こういう形で℃-uteに最後の夏が回ってきたことが感慨深い。優美なようで、ところどころ激しく髪を振り乱す狂気のようなものも感じる。「笑顔とため息 どっちも私よ」ということを音のない中サビに入る前に置きにくるところはホラー。

 

続きを読む