読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2/9(土) ℃-ute「この街」発売記念ミニライブ&握手会イベント@大阪・千里セルシー

「この街」リリースイベント@大阪セルシー


握手券は2000枚。優先エリアは500枚くらい出していたのかな?私は優先400前後で握手券1260前後。2時間ほど並んで顎がガタガタ震えだしすっかり体が冷え切る。購入後まもなく優先エリア完売のアナウンス。列が一旦きれてまだ握手券は若干あるとのアナウンス。並んでいる時も関西のおっちゃんおばちゃんは「誰がくんの?」と気さくに話しかけてくる。「℃-uteっていうアイドルグループですよ。13時からですよ。」笑顔で答える関西team℃-uteのみなさま。


優先エリアの入場は30分前の12:30から。12:50分前後リハ始まる。女性エリアはステージ前の上手端。目の前はテントであり、これみえるのかな、と思ったけどナナメから正直かなり視界良好。女性エリアに女性が固まってなかったこともあり、エリアにはかなり余裕があった。2Fで場所取りしているファンもかなり多くまわりをファンで囲まれた状態。どこかできゃあきゃあ歓声があがると上空に向かって手を振る観衆。私の位置からはその様子が見えなかったのだけれど、セルシーの広場真ん中に外からみえるEVがあり、そこから℃-uteが降りてきたようで、文字通り降臨した。


●リハ
リハは「この街」の赤い衣装に黒のベンチコートを着て登場。見るからに生足寒い。舞美ちゃんが「よろしくお願いします」と声をかけると「独り占めしたかっただけなのに」が始まる。その時、はらはらと舞う白いもの。雪だ。運命のタイミングに舞美ちゃんが笑う。1曲終わり、床の様子や場位置、音響の返しなどを「どう?」と小さいなサークルで顔を突き合わせる℃-ute。まいちゃんは寒いのか矢島さんのベンチコートを後ろからつかんでいる。反応するわけでもなく舞美ちゃんは打ち合わせをする。美しきかな姉妹。リハ2曲目は「Kiss me愛してる」。まさかの曲(今までのリリイベでは「まっさらブルージーンズ」)にあがる歓声。愛理がサビで声をひっくり返してにひっと照れ笑い。2番のサビの移動でやじすずがぶつかる。スタッフさんを入れて確認。オンマイクだったので、微かに「それならいっそ全部やった方がいい」という声が聞こえる。多分中島さんだと思う。最後にスタッフさんにもうちょっと音お願いしますというような(ジェスチャーだったので確かではない)様子の舞美ちゃんが印象的だった。本番もお願いしますと一旦下がる℃-ute


●本番
それから10分後。お待たせしましたのアナウンスが流れ「この街」のイントロと共に登場。冷たい風にオレンジの陽が射す。微かな雪とひゅうと吹く風が舞台をキラキラ彩る。そこはかとなくロマンチック。衣装のプリーツがふわっとめくれる。めくれた矢島さんと中島さんはまったく気にすることなくフリを続ける。Bメロで矢島さんのソロになった時、皆静止する振りに差し掛かるが、岡井ちゃんの指さしが矢島さんのめくれを指しており、妙に和やかな空気が包む。この街を歌っている時、舞美ちゃんは自分のパート以外も口ずさんでいる。それがとても美しくて泣きそうになる。


「ハエ男」のすりすりする時はとかくみなよく笑う。なかでも岡井ちゃんのほほえみは絶えない。「独り占めしたかっただけなのに」では、手を前に差し出すふりのとき、直線上にいたために切羽詰まった表情に心臓をつかまれる思いがした。岡井ちゃんの「悔しい」が会場に響く。冷たい床に転がるところ、心配になるけど、とても美しい斜めのライン。中島さんの左ふくらはぎに少し古い傷。リハでミスったKiss meでやじすずはぶつからなかった。するうっと自然に場位置を修正してすり抜ける。当たり前なのだろうけど、その肌感覚の修正にやっぱり感嘆する。ひっくり返った愛理ちゃんの声はすっかりひらいている。中島さんの「カモン」の表情をよくよくみつめた。小さな体でエンジンを蒸かす姿はやっぱりどうしても愛らしかった。全貌がみえればみえるほどまいまいの踊りに魅せられる。「都会っ子純情」に限らないのだけど、今はまいまいの踊りが℃-uteで一番艶っぽく感じる。自然な高貴さがある。ふりむいてくれないような手の届かなさがせつない。成長著しいまいまいにどんどん置いていかれる。


「素直に本心を…」の台詞が始まって℃が一列にぐるぐるとまわるあの全貌を下半身まで初めてはっきりみたのだけど、随分と深いところまでしゃがみこむのに足先まで伸びきって美しいフォルム。特に最前の矢島さん。ダイナミックな頭の振りとまいまいの甘い声が重なって、この曲はリアレンジして(スラップベースがなくなったことはさみしいが)凄く魅力を増したと思う。時間が経っても、内部で生まれ変わることができる。役割の交代というのはそれだけドラマチックで、何か魅力を交歓するもの。


●MC
MCではひなまつり、舞台、ツアー、ブログなど一般的な告知を一通りしたけれど、どこかで愛理ちゃんに振ったところですぐに出てこなくて、かぶせるように中島さんがカバーしたところがあった。彼女はラフだけど張りつめていて感心した。愛理に大丈夫?って聞いてたまいまいは寒さでずっと鼻をすすっててかわいい。岡井ちゃんの「今、会えるアイドル℃-uteからのおしらせです」のきっちりにも感嘆。矢島さんはさすがに汗抑え目だったから少し安心した。その日もすばらしいライブだったけど、一つだけ言えば「この街」の台詞が関西弁じゃなかったのはさびしい。イベントとはいえ野外の℃-uteってすごくロマンチックだから、余計にこの街を盛り上げたかった。



■セトリ
01.この街
MC
02.ハエ男
03.独り占めしたかったのに
04.Kiss me 愛してる
MC
05.都会っ子純情



■握手会
萩原・中島→ベンチコート
他3人は色別パーカー。
休憩挟んで全員ベンチコート


舞美ちゃんが梅さんがツイッターで祝ったこと知ってた。
「あ、そう!あれね、あれみたよ!」とテンションが高かった。

・この街〜Dance groove verがかかると曲にあわせて気持ち悪い動きの愛理よーよー。

舞美ちゃんに「こ、これがゾンビを倒した裏拳…」と告げると、舞美ちゃんは眉毛をあげてすぐに得意気な表情を湛え「そうだよ〜?」と左の拳を突き出してくれた。爽やかさに鼻血が出そうだった。実際鼻の奥がツーンとした。このようにかっこいいのに可愛い人がいるんだねありがとうありがとう、ひとたまりもない強そうな拳だった。

舞美ちゃんに前髪を切った?というと、ひっぱってるだけじゃないかな?と言われた

・舞ちゃんはとにかくずっと寒がっていた。「あ〜さみ〜」のテンション。

・休憩入時。まいちゃんがトコトコトコ「寒っ>_<」と後ろから愛理にピタッ。愛理ちゃんの妙に余裕ある表情もあいまって何度胸キュンさせたら気が済むのかな。

・ついには休憩明けまいちゃんが寒過ぎてフードを顔の前でしぼって登場。かわいいよそのままでいいよと言うと、まいまい「いや〜ありがと。ちょっと寒くてね…ふふふ」とラフにかえされてとても罪深い魅力。

・実はバックヤードのテントから千聖の笑い声が響き渡っており、何事かと思えばしぼった舞ちゃん登場…しばらくしぼって遊んでたんでしょうね…バカァ。

・岡井ちゃんに「今日もしあわせをありがとう」とお辞儀と共にゆっくり目に告げると「こちらこそ…しあわせをありがとう…」胸に手をおいてゆっくりお辞儀を返してくれた岡井ちゃん。とても中尊寺チサ子ライクだったよ岡井ちゃん。しかも去り際転けたから大丈夫?って心配顔がマザァーだよ温かいよ岡井ちゃんの温かさに触れたよ。

・愛理ちゃん1回目「ヴィーナスフォートとれなくてここまで来ました」愛理ちゃん「う、嘘でしょ〜!」ステージと一変してとても親近感のある顔もする愛理ちゃん。そしたら4回目「今日は来たかいがありすぎて…」愛理ちゃん「ほんっとヴィーナスフォートから…(額を拭う愛理さん)」結論。愛理ちゃん賢いとてつもなく賢い。

ヴィーナスフォートに某アイドルが観にきていてしかもCDも買っていてかつ愛理ちゃんファンぽかったことを告げたら、なんでなんでと言っていたけど事実なんだよ愛理ちゃん。あなたはアイドルの憧れの的。



「この街」サンシャイン



野外とてもいい。こんなことはそう長く続かない。