読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3/16(土) 劇団ゲキハロ特別公演「さくらの花束」BIG TREE 15:00

3/16(土) 劇団ゲキハロ特別公演「さくらの花束」BIG TREE 15:00 3日[4公演目]

■アフタートークショー
順番。
愛理→中島→矢島→岡井→萩原→愛理。+友里恵&千帆(固定)



●似てる
愛理「友里恵ちゃんと舞美ちゃん似てる」
入室した中島さん
「それは違う。違う方向の天然。リーダーのは大丈夫かな〜?ってやつで、友里恵ちゃんのはシーッ!って方」
友里恵ちゃん「まいみんは〜」
…まいみん!?


●今まで辛かったこと
今まで辛かったことで、卒業式の日の稽古。大泣きして、別れを惜しむような高校生活だったゆえ、全然思ってないのに「友達なんか」って役だから辛かった。「友達の顔がぽんぽんぽんって浮かんできて〜」とふやけ顔の愛理ちゃん。


●泣ける
愛理「校歌泣ける。なんか全然知らないはずなのに、ここで6年とか過ごしてないのに泣ける」
「わかる!」と千帆ちゃんが乗っかる。
「旅立ちの日」にも泣ける。わかるわかると盛り上がる2人。はー、そうですかーって一番後ろの席で諦観する友里恵ちゃん。


●席移動
「なんか暑くない?」とぱたぱたしだす2人は前の席に移動する。席を移動しない友里恵ちゃんに客ざわつく。2人しばらく気付かず進行。その時の空気の生々しさよ。結局友里恵ちゃんが辛うじて不毛な空気を読んで前にに座りなおす。


舞美ちゃんと友里恵ちゃん
千帆ちゃんが同じセリフを3回も言っちゃってお客さんすいません!と思った。を受けて舞美ちゃんが「私も今日噛んじゃって」と言う。友里恵ちゃんがそこに何か見当違いなボールをなげた(言葉は失念)それに「違うよぉ、噛んだの!」とやや冷ややかに返す舞美ちゃんをみた。友里恵ちゃん「私も人生で何度も噛んだことありますよ」いきなりのスケール。


●友里恵ちゃんと愛理
友里恵ちゃんは本物だから、愛理が怯えているようにすらみえた。友里恵ちゃんがどこかおぼつかない様子で、ぽーんとお話をはじめて、反応に困る客をみて、「ほらこんな空気になっちゃっうよ」と言った愛理。お、お前が言うのか、と思っても仕方ない様子をみたのはとても貴重。


●対、友里恵ちゃん
愛理ちゃんはわりと人を選んで話しかける人かもしれない。友里恵ちゃんを警戒している。やじは友里恵ちゃんと千帆ちゃん交互に話しかける。席的には奥から友里恵ちゃん千帆ちゃん舞美ちゃんの順に座っている。友里恵ちゃんにも警戒していない。なんて穏やかな人だと思った。


●がっくり岡井さん
岡井ちゃん。萩さん教室に到着直後「ねぇ、ちさとに聴きたいことない?」「別にない」がっくり岡井ちゃん。かわいい。


●マイちゃんと蜘蛛
舞ちゃんはBIGの教室に蜘蛛が出て、つっぱってるけど「やばいやばいやばい蜘蛛いる!」みたいに思ってたという話。


●愛理のボケ
愛理が最後帰ってきてなんかへんな動きしながら入室。けど突然のことに客のリアクションなし。ショックがる愛理。ひろったのは岡井ちゃん。


●友里恵が踊ってみた
友里恵ちゃんが鏡の前で急に℃踊り出して(まっさら神聖なるver)→岡井千聖が踊ってみたを見だした。「ずいぶん若いですね」とか言ってて笑「そうだね痩せてるでしょ?」って言ったら、「はい!」って笑。岡井ちゃんは「教えて、って言ってくれればいいのにさぁ」と続けるも友里恵ちゃん「そんな℃-uteにまだそんなこと言えない」。でもきっと友里恵ちゃんは岡井ちゃんを誰より信頼してる。なんかそれが伝わる。




菊池友里恵ちゃんと矢島舞美ちゃんの雰囲気がごいすーなんでBIG絶対みるべき。これは将来再び出会う二人だと思う。




■BOX→BIGをみたネタバレなしの雑感。


言ってしまえば流行の(?)「桐島、部活辞めるってよ」スタイル。同じタイムラインで、3会場同時に進む別視点。人によって些末な事が誰かには切ないほど大事。一度どこかの部屋を覗いてしまえば、別会場にいる時もどこかの部屋での出来事が頭を過って離れない。このスタイル、演劇のうまみだと2部屋目ではっきり分かった。BIGで点と点が線になりはじめた。から、とても面白くなってきた。いわゆるハマった。さながら生徒会・矢島が蜜月を築くBOXは大後寿々花パート(最初、橋本愛と書いたけどこっちの方がしっくりくる)。愛理マイマイがギスギス擦り合うBIGは山本美月パート。中島BASE(演劇部)はもちろん神木くんパートです。桐島のような存在もいる。そして岡井ちゃんはキーパーソン。BIGみてBOXのドキドキが高まる。人はうわさが大好きだ。