読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年の振返り part2

Part2. 4月→6月

 

5/26(火) アンジュルムSTARTING LIVE TOUR SPECIAL@日本武道館「大器晩成」2階東スタンドE

6/20(土) 演劇女子部ミュージカル「TRIANGLE」α @サンシャイン劇場 17列 

6/27(土) 演劇女子部ミュージカル「TRIANGLE」β @サンシャイン劇場 11列

 

念願の℃-ute横アリもお仕事で行かれず、現場は3回のみだったけれど、ターニングポイントな出来事が多かったように思う。何か決断というか「宣言」を多く受け取ったはじまりの季節。それでもさびしいことだけじゃなくて、℃-uteの横アリに元メンバー3人が来たり、AKBの9期が少しずつ言葉を紡ぐようになって、少しずつわだかまりも解けだし新しい季節を目指していた。それからこれほどまでに卒業や活動休止などが多くなる年になるとは思わなかったけれど。その中で変わらないこともあった。今年もハロプロの舞台、いや舞台のハルちゃんは本当に素晴らしかった。

 

 

 

4月。つんくさんが咽頭癌のため声帯を摘出する。運命はいたずらだと思う。

 

年末に「一生歌を歌っていきたい」といって卒業を発表しためいめいにとってつんくちゃんの手術のことはじわじわとその想いを強くしていくひとつだったろうか。

 

 

最速で仕事をもってくる真莉愛の頼もしさ。

 

 

朝ドラ「まれ」にすっかりハマる。この時はこのあと清水富美加ちゃんがなっきぃと共演するとはまるで思わずに。

 

ひなフェスは不参加。後で映像で追っかけた「桜ナイトフィーバー」は変な違和感があってとても好きだった。矢島さんの「夜は眠りたい」で終わるのに春眠暁を覚えず。

f:id:tammy69:20151229190648j:plain

回替わりを引き当てたラッキーガールはがたむ(あかねちん&めいめい)の「好きすぎてバカみたい」、真莉愛がソロで力任せに務め上げた「抱いてPLEASE GO ON」にも大いに感動した。ごっちんリスペクトに太ももがかっこいい真莉愛!

 

 

個人的に今年のベストMVにも選んだ問題作公開。

 

 4月。新宿の地下に出た全面広告でワンファイブの本気をみる。

f:id:tammy69:20151229191721j:plain

f:id:tammy69:20151229191738j:plain

f:id:tammy69:20151229191754j:plain

 

 

あやちょが朝のお天気お姉さんになる。

 

 

4月17日。すべてをゴボウ抜いてJuice=Juiceが「Wonderful World/Ca va ? Ca va ?」でオリコンウィークリーチャート1位を獲得したころ、ふくちゃんのインタビューが公開。背負うものがこんなにも大きいのに、朗らかでつんく愛に溢れ、そして闘志はふつふつと、かっこいいと思った。

 

ドロシーの選択。

 

 

最高の大人よね。

 

 

5月。GMML山口で同じバスに乗り合わせた大森靖子さんが新しい命を授かる。

 

加賀楓ちゃんが研修生発表会にてベストパフォーマンスに選ばれ、その授与をハロプロアドバイザーの千奈美が務める。ジンクスよりも希望が勝ると私は今も信じている。

f:id:tammy69:20151229192827j:plain

 

 

AKB9期がそろって旅番組に出て過去を語っており、息が止まる。

 

 

福田花音ハロプロ卒業発表。

この「ハローがゴールじゃだめなのかなー」という発想にめちゃくちゃあてられただけではなく、花音ちゃんのこと考えたらその意味がようやくわかるあやちょってなんなんだよ!あやかのんってなんなんだよ!

 

 

そこからの武道館。

「大器晩成」で始まり「大器晩成」で終わる武道館はこれからの台風の目になる予感に満ちていた。この時は未だ、花音がいなくなる実感などまるでなく、構成、パフォーマンスすべてただ満足感でいっぱいだった。臥薪嘗胆でひざまずき、七転び八起きのセンターで寝転がる勝田さんがもう全然省エネじゃなかった。

 

 

そして、工藤が頑張る季節が再びやってくる。

 

 

℃-ute満員の横浜アリーナおめでとう。ありがとう。本当にありがとう。

f:id:tammy69:20151229220100j:plain

f:id:tammy69:20151229220139j:plain

 

翌日、℃-uteがついに7年ぶりにMステに出演。

f:id:tammy69:20151229201910j:plain

 

 

6月11日、20代半ばの決断が走る。

 

そして、27歳になる小嶋さんかっけえと思った。

AKB48小嶋陽菜が『週刊SPA!』のインタビューで名言連発「病んでることがおしゃれな時代」「過呼吸のなり方が分からない(笑)」 - AKB48まとめんばー

 

 

 

 

一人の少女が夢の舞台を降りた。

 

 

 

 

  少女漫画の中にいるハルちゃんたまらなかった。チェルが器用すぎて曲者。

だけど、それ以上に堅物だけど本当はやさしくて熱いキリが、まるでりほりほのインナーチャイルドだったんではというほどに自然で、ハルちゃん以上のハマり役だった。りほりほはこの時からキリ中尉の人生も生き始めたんじゃないだろうか。

 

 

なんて、マメなんだろう。だから、工藤はモテる。

 

 

何だかもやもやするこの梅雨の時期を吹っ飛ばす、最高のMVが到着。


アンジュルム『臥薪嘗胆』(ANGERME [Extreme Hardships]) (Promotion edit)

 

「苦い思い出ほど、甘くなる」

その通りだった。